令和4年改訂版 修繕費・改良費及び増改築費用の税務

出版社:一般財団法人 大蔵財務協会

  • 登録情報

    著者:
    小林 磨寿美
    出版社:
    一般財団法人 大蔵財務協会
    ISBN:
    978-4-7547-2968-8
    発刊日:
    2022-05-11
  • 定価¥2,310(税込)

  • 商品の紹介

    専門家でも悩むことが多い、メンテナンス費用や修繕費と資本的支出との判定。このような費用については、税務調査で必ずチェック項目とされる。
    本書は、資本的支出に関わる修繕費や改良費及び増改築費用の実務に即し、基本的な考え方を解説した実務必携書。
    前版(令和2年2月刊)以降の改正に対応した4訂版!

    ● 固定資産の修繕費をめぐる問題について、「通常の管理又は修理」とは何か、「一の計画」とは何か、「明らかに価値を高める」とはどういうことかなど、それぞれに異なる修繕について、どのように理解し判定すればいいのか等を解説。

    ● 税務調査などで問題になりやすいことなども踏まえ、より実務に寄り添えるようバージョンアップを重ね、今回の改訂では、令和4年度税制改正におけるリフォーム税制の改正も大きく取り込み解説!

    ● テナントがその賃借物件に施す造作工事について、固定資産の取得費をどう判断するか、資本的支出とは何か、そして償却資産税はどうなるかなど、難しい判断を求められるケースの実務的な処理方法についても詳解!

    ● それぞれの判断の基本にある考え方を確認し、実務に則した設例により解説するとともに、裁決例や裁判例をふんだんに取り入れ、実際にどのようなことが問題とされ、どのような判断が下されたのかを明示!

    ● 有形減価償却資産だけでなく、土地やソフトウエアについても取り上げ、さらに増改築等と税制特例についても解説!


    ★主要目次★

    Ⅰ 基本的考え方

    1 固定資産の耐用年数と資本的支出
     1.減価償却制度の考え方
     2.固定資産の耐用年数の算定方式

    2 資本的支出と修繕費の意義
     1.資本的支出とは?
     2.法人税法における資本的支出の定義
     3.基本通達による例示
     4.ソフトウエアに係る資本的支出と修繕費
     5.耐用年数を経過した資産に修理等をした場合
     6.少額減価償却資産の取得等とされない資本的支出
     7.資本的支出と修繕費の区分に関する取扱いの判定図

    3 改良費・増改築費用と税制特例
     1.資本的支出と投資減税
     2.資本的支出と買換特例
     3.増改築の場合の税制特例

    4 償却資産税の取扱い
     1.償却資産税と資本的支出
     2.賃借人(テナント)等が取り付けた内装・造作及び建築設備等の事業用資産

    Ⅱ 具体的事例

    1 資本的支出と所得計算
    ・減価償却方法
    ・資本的支出と耐用年数
    ・償却限度額に達した資産に対する資本的支出
    ・圧縮記帳
    ・買換特例(国庫補助金の返還不要が未確定の場合)
    ・賃借建物に係る資本的支出の額を買替資産とすることができるか?
    ・買換資産となる土地の造成費用
    ・リース資産
    ・本体資産の除却
    ・特別償却
    ・控除対象外消費税額等

    2 貸借物件と修繕費、資本的支出
    ・所有権移転外リース取引のリース資産に対する資本的支出
    ・所有権移転リース取引の対象資産に対する資本的支出
    ・ユーザーが負担した場合の取扱い
    ・リース会社が負担した場合の取扱い
    ・テナントが施した造作の取扱い
    ・賃借建物について内装工事をした場合の具体的な計算
    ・取次店の開設に際して支出した改装費等の取扱い
    ・構築物の判定
    ・トイレの改修

    3 土地と資本的支出
    ・土地と資本的支出
    ・地盤沈下に伴い支出した費用
    ・崖地に施した防壁等工事
    ・用途変更に伴う整地費用
    ・地盤改良費の支出
    ・土壌汚染があった場合の取扱い
    ・文化財が発見された場合の取扱い
    ・借地権者が支出した場合の取扱い
    ・ゴルフ場のグリーン改修費用
    ・スキー場のゲレンデ整備費用

    4 建物の維持管理費と資本的支出
    ・外壁塗装費用はすべて修繕費となるか?
    ・防水工事
    ・非常階段の修理
    ・ユニットバスと浴槽の交換費用の取扱い
    ・システムキッチンと建物の範囲
    ・ペットによる悪臭と改修費用
    ・賃借人退去による修繕費
    ・カーテン、ブラインド
    ・省エネリフォーム
    ・システム家具

    5 機械及び工具器具備品とメンテナンス費用
    ・部品の交換
    ・バッテリーの交換
    ・機械のオーバーホール
    ・集中生産のための機械の移設費
    ・除却資産の再稼働費用

    6 附属設備と構築物
    ・パーテーション
    ・附属設備にされた事故防止工事
    ・給水管取替費用
    ・エントランス部分のスロープ設置費用
    ・植栽の整備費用
    ・防災システム設置・取替費用
    ・看板の書替え
    7 定期メンテナンス費用
    ・形式基準による修繕費の判定
    ・形式基準による修繕費の判定2
    ・太陽熱吸収フィルム(ガラス飛散防止フィルム)の取付費
    ・設備の更新と通達の関係
    ・「60万円に満たない場合」の計算
    ・排気ガス洗浄装置(スクラバー)の設置に係る費用の取扱いについて
    ・資本的支出と修繕費の区分の特例
    ・資本的支出と修繕費の計算事例
    ・災害の場合の資本的支出と修繕費の区分の特例

    8 改良費
    ・排ガス規制
    ・地デジ化の費用
    ・LED取替費用
    ・タンクライニング
    ・耐震基準適合工事
    ・資産除去債務に係る調査費用
    ・機能回復と補償金
    ・用途変更をした場合

    9 事故・災害
    ・被災資産に係る費用についての基本的考え方
    ・災害損失特別勘定
    ・受取保険金
    ・損害賠償金

    10 増改築等と税制特例
    ・リフォームと所得税額の控除
    ・一体となって効用を果たす工事
    ・固定資産税の減税
    ・贈与税の非課税措置
    ・登録免許税、不動産取得税の軽減

    11 パソコン・ソフトウエア・LAN
    ・ソフトウエアのバージョンアップ
    ・消費税法改正に伴う会計ソフト修正費用の取扱いについて
    ・IFRS対応に係るシステム改修
    ・ソフトウエアの資本的支出における判断基準
    ・周波数の変更
    ・データ復旧費用
    ・LAN

注文時のご注意

【お支払い・商品の発送方法について】

購入された書籍は、出版社ごとに請求書を同封して発送いたします。
異なる出版社の書籍を複数同時に購入された場合は、それぞれの出版社から別々の荷物で発送されます。
代金のお支払いは出版社ごとの請求書にてそれぞれお支払いください。

【商品の返品について】

商品の返品は原則不可とさせていただいております。
落丁・破損等があった場合については、各書籍の出版社までご連絡ください。